「フランクリンメソッドWSやりました」

昨日、ピラティススタジオDIVA主催の丸山寿子先生のフランクリンメソッドWSがtant-tanzスタジオで行われました。
彼女とはお互い20歳くらいからの付き合いで、エクスプレススタジオ公演で20回ほど一緒に踊り、ショウの仕事も一緒にやってきた青春真っ只中の友達です。
当時からキレが良いダンサーさんでした。
コーラ先生が亡くなりエクスプレスのカンパニーメンバーはバラバラになりましたが、熱心に体の勉強を続けている人達の内の一人です。

 

彼女がピラティスやフランクリンメソッドや整体の勉強をしているというので、今回前から興味があったフランクリンメソッドのWSをお願いしました。
私のスタジオには年配の方が多く体を痛める人もいるので、より体の正しい使い方を少しでも頭でわかったらこの先それを元にダンスを楽しんでいけるのではないかと思ったからです。

 

参加者は、私を含め中学生から主婦の方までと幅広い年齢層7名。
今回は「プリエと骨盤」を中心にでしたが、内容はやはり大変興味深いもので、参加者からは「おー!動きやすい」との声が次々と。股関節や骨盤ってこんな動きなのね~!
骨格見本やちょっとした小道具を用いて説明され、その後2人組になり実際に自分の骨を触りながら自分の声を出しながら動くので、見てわかって感じる事が出来、体にスーッと入ってきます。
「昔はこれと逆の事言われて習った~」との声も。。そう、昔は力入れる根性の時代でしたからね。

 

これらの方法を学ぶ事をこんなに簡単に出来るシステムを作り出すなんて、なんて時代なのでしょうか。フランクリンさんに感謝!
チャコ(丸山先生の愛称)も体を痛めた時にこの方法を学んだと事でした。その時の感動を伝えたいとの熱意をひしひしと感じました。フランクリンメソッドWS丁寧な指導をありがとうございました!!
また企画したいですね。

 

写真はその様子ですが、私も受講に夢中で、あまり良く取れませんでした。。


[Posted by kumiko at 2015年08月13日]