もうすぐ2本脚立ち

股関節唇再生手術を受けて2カ月が経ちました。
お陰様で杖ももうすぐはずせそう。
もうすぐ3本脚から2本脚です。
まだダンスってわけにはいきませんが、早く、速く、はやくーー踊りたい!!!
身体が思い通り行かないと、色々なことをやめなければなりません。
今私は、本当にやりたいことしかやってないなあ。と思います。
これって幸せかも?
元気な時、無理が出来る時って、「あれもやりたい、これもやりたい」
と頭で考えたことを次々とこなせるが、今の状況だと、ひとつのことが途方もなく時間がかかります。
着替えるのも時間かかるし、とにかく歩くのがおそーーーい。
電車には必ず目の前で行かれてしまいます。
身体が動かないので、仕事も減らしてお金も少ない。
行動しないので、友人関係も遠のいてしまう。
買い物も最小限だし、友達の公演もほとんど見られない。
仕方ないからやるかやめるかどちらか。
やるとなったら「よし!!」と心に決めてやり始める。
だから中身も濃くなる。
うっかりするとうつ病ですが、私はならずにこんな状況を愉しめる性格らしい。
これも家族がいるからかもね。
しかしたまに「あーー!」と叫びたくなります。
この状況ってダンスジャンルで言う「舞踏」に似てるな・・・
寝た姿から「最小限の力」で立ち上がる。(舞踏の解釈は人それぞれだけどね)
筋肉を一切つかわないようにするその姿は見た目美しくないけど、感動を呼び起こす。
なぜかというと「本当にやりたいこと」だから。
私は「本当にやりたい想い」に感動することがある。
「本当にやりたい想い」ことって人を動かす。
「想い」はたまに「重い」に変化するが、これは良くない。
「重い」に変化する前に「想い」は流動体。
それを身体中にめぐらせ踊りたいなあ。
はやく、はやく!!


[Posted by kumiko at 2010年08月11日]