coco~振付

もう7年になるだろうか?
今年も狛江ミュージカル劇団「coco~」の振付が今年も始まった。
毎年1回。今年は9月半ばが本番。。
劇団員年齢は小学生からお孫さんいる世代まで幅広い。
小学2年生だった子は高校生に、30代だった人は40代(私も)、しゃべれずお母さんのひざに張り付いていたおむつの子がセリフしゃべっている。
ダンスがうまくなった人もそのままの人もいるが、舞台度胸、舞台の楽しさを皆さん毎年膨らませてくれている。
最初は狛江の昔話などをやっていたが、今年はオズの魔法使い。
演出の野崎さんが劇団員に合わせて脚本を書き変え、作曲はかずさん、振付けもオリジナルで作り上げる。本番は豪華に生バンドだ。
脚本もさることながら、振付は曲の善し悪しに左右される。
今かかわっていてくれるかずさんの作曲は心が踊るので、
苦しまずに振付けが出来る。
かずさんありがとーーー。
今はまだ松葉杖な私なので、アシストはスタジオのちずこちゃんにお願いしている。
私が椅子に座り、歌いながら手脚をばたつかせ、ちずこちゃんが振付け解読し
出演者に伝えてくれる。助かる!!
出演者達は振りつくのにわくわくしながら、ついた瞬間「難しい」の連発。
私のは振付けじゃなくて、気持ちのパントマイムだけなんだけどなー。
苦労して下さい。それを愉しんだ人の勝ち!
お客さんからお金とるのだから、時間をかけよう、気持ちを向けよう。
今日は週一のトレーナーさんのところで、加圧筋トレ。
「うー」と唸りながら重りを脚で持ち上げる。
今日は重りが増えたが、けっこう上がった。
帰りは、ゆーっくり歩く練習しながら真夏の商店街を歩いた。
この際なので、きれいな歩き方に変えたいと思っている。
松葉杖もずいぶん上手になり、手のひらにたこ、腕は太くなった。
家に着いたら松葉杖を知らないうちに放していたりして、また脚力がついた気がした。
クラス受けてくれる方、もう少し(?)で見本見せられるようになるから、待って下さい。
口で説明も上手になってきたけどね。
そういえば、気になったニュース口蹄疫問題。
やっと終息し、移動制限解除、良かったですね。
でも最後に残った菰田さんの6頭の種牛。
殺処分、無念でした。
大臣と東国原知事のやり取りが、わたしは知事の意見に賛成だったけど。
仕方ないのかな。
もうひとつ、メキシコ湾原油流出も止まってよかった。
これからどう海を戻していくのか見守りたいが、なぜ日本ではニュースがすくない?


[Posted by kumiko at 2010年07月21日]