「チャリティーパフォーマンス終了」

7/12(日)、当スタジオの金曜ジャズクラス担当、小口明美先生主催の「東日本大震災孤児支援企画チャリティーパフォーマンス」に参加出演させて頂きました。

 

小口明美さんは福島県出身。3月の震災後、黙っていられず2011年冬から活動開始、今回で4回目だそうです。経費以外は全てしっかりした機関へ寄付しているとのこと。

彼女はBDCスタジオが本拠地なので、参加する人たちはBDCの方がほとんどで、私は今回また新たな方と知り合う事が出来ました。

チェロや歌も方も2015チャリティーパフォーマンスいらっしゃいました。写真は打ち上げ風景。

 

今回、急にお話を頂き、10日で作品作りと練習をしました。
久しぶりのたった一人のソロ作品。ジャズを踊りました。

私の場合、ソロというのはどうにでもなる反面、誰との接触もなく黙々と一人で曲を決め、スタジオでたった一人で練習、衣装も「これで良いのか?」とちょっと不安なまま本番へ向かいます。

 

当日の朝、ゲネプロ。
会場がアルゼンチンタンゴスタジオで、想像はしていたが予想以上に床が滑り、振付を半分忘れてゲネプロ終了。
焦ってシューズの裏に滑り止めを張り、いったん落ち着いてから少しだけお時間を頂いて、どうにかなるかも知れない、と本番へ。

 

夜の本番は、床との格闘のため無心になり、かえって楽しんで踊れた気がしました。足を運んで頂いた方にはありがとうございました!

 

所で、会場を提供してくださったアルゼンチンタンゴスタジオ「エフェクトタンゴ」代表の鍬本知津子さんは、アルゼンチンタンゴ2010年の世界チャンピオンという事を本番当日に知りました。アルゼンチンの男性と共に素晴らしいパフォーマンスを間近で見せて下さいました。

 

被災地はまだまだ大変な様です。少しでも力になれますように。

 

宣伝↓

小口先生は只今、柔道整復師(整体師)の国家資格を取るため猛勉強中です。当スタジオ毎週金曜20時~ジャズは体の構造のお話も聞きながらジャズダンスが学べるかも知れませんよ。ご興味のある方は是非ご参加くださいね。


[Posted by kumiko at 2015年07月14日]