「動画をいくつか紹介」

先日TV番組タモリ倶楽部で、この春惜しまれつつも引退なさったという指揮者の宮本文昭さんを迎えて「指揮者殺しの名曲コンサート」というのをやっていました。
大変興味深いと思い、ブログを書いてみました。

 

指揮者は棒を振っているだけと思いきや、実は一曲につき2万回も腕を振り大変過酷だそうで、宮本さん曰く「もう殺されちゃうから」引退したとの事でした。
「感情を一気に爆発しなければならない曲は、かなりな意気込みと動きをしないとオーケストラがついて来ない」と。

 

ダンスも全く同じだな〜人を感動させようとしたら瞬発力(スピード)や踏ん張りが必要だよな~、なんて今更ながら思いながら見ていました。
お客さんに対して不意打ちは大変な動きになるんだよ、そうそう、不意打ちじゃないと流れちゃうからね・・なんて自分が踊る時の思いも重ねる。

見ながら生徒の事も考え、「うちのスタジオは趣味のダンスの方が沢山いらっしゃるので、『健康のためのダンス』→『表現のダンス』へ移行しようとという方は、覚悟が必要だ。なんたって年配の方は体痛めちゃなかなか治らないし!」なんて事も思って見ていました。

 

タモリ倶楽部はバラエティーでありながらなかなかマニアックで、私は毎週楽しみにしています。

参考動画はこちら↓

YouTube Preview Image

 

 

今日は何ヶ月も前から楽しみにしていた、バットシェバ舞踊団のデカダンスを観に神奈川県民ホールへ。
1週間後の小金井市民文化祭出演の皆様、自主練をありがとうございました。
めったに来ない舞踊団、東京では1回だけの公演でした。
そんな状況なので、ダンサーやら演出家やら評論家やらが沢山沢山観に来ていました。
初演は10年以上前の様ですが、私はかなり好きでした。

観たい方はこちら。
代表的な椅子の振付部分は4分~10分、そこ以外は振付が変わっていました。↓
YouTube Preview Image

 

 

所でシルビー・ギエムがもうすぐ引退ですが、映像を入手しました。↓
私と同じ歳で、長い間世界の第一線で活躍しました。
振付は大好きな巨匠マッツ・エックです。観終わってじんわりしました。
YouTube Preview Image


[Posted by kumiko at 2015年10月5日]