「oto~音~」感想。

「oto~音~」昨日無事に全ての公演を終了しました。皆さまのお陰と感謝しております。

御越し頂いた方々、特に日曜はお足元の悪い中ありがとうございました。

今回初の演劇とのコラボレーションで沢山のチャレンジをさせて頂きました。
その一方リハーサル中は「これでお金を頂く事が出来る様に仕上がるのか?」と直前までハラハラする場面があったり、いつものようにハツラツとした姿が稽古では見られないダンサーもいました。
しかしながら最後は一致団結し全員が生き生きと舞台に立ち、また一つ宝物の経験と友人を持つことが出来ました。

私も「自身で今出来る事は?」の問いに少し光が見えた気がしました。

今後とも精進してまいります、tant-tanzをどうぞ宜しくお願い致します。

そしてこの機会を与えて下さったlavinia代表 橋本千佳子さんとメンバーの役者さん、スタッフの皆さま、ゲストの乾さん、音楽のかずさん、そして何よりいつもの倍近くのリハーサル時間に出て体を酷使したカンパニーメンバーダンサー達に深く感謝いたします。

 

所で昔からのダンサーの戦友から素敵な感想を頂きました。彼女は今定期的にソロ公演をしている素敵なダンサーです。

「こんばんわ。 昨日のくーこは本当に美しかったです。 晴天の夜空に浮かぶ銀色の月のようでした。 ・・・・省略・・・・ 深いプリエやターンアウトをしなかったりするかわりに、 くーこの中に”思い”がぎゅう詰めになっているように私には見えました。 体の内側に何かがが満タンになっている、この上なく美しい 踊りだったです。 ・・・・省略・・・・くーこの前に 新しい可能性が大きく広くひろがっているような感じがしました。 ほんとに美しかったよ。薄いガラスが震えるような音を感じたよ。」

 

照れます。。。。でも載せちゃった!

今回の公演で私は自分を元気にする方法を学びました。

自画自賛です! このメールを頂きとってもパワーになりました。

 

今までの私は脚が良く上がり強かった事が武器でした。

しかし私はその武器を使い過ぎてしまったので、神様は取り上げいったん裸にし「生まれ変わりなさい」と言っている様な気がします。

今はまだ裸です。。。。 今度は武器ではなく、そのうち素敵な服と道具が手に入るといいな。


[Posted by kumiko at 2012年10月29日]