「クラス中に思うこと2」

つづき。

もちろん初心者の方はとにかく何が何だかわからない事が多いと思うから、クラス中はまず体を動かす事に集中して欲しいです。

前回書いた内容は10年以上ダンスやっていてもまだ、先生の言うことばかりに執着しちゃう人についてでした。

「自分」と言う主張をそれぞれ持ってほしいという内容でした。

 

所で今日は嬉しい事と悲しい事がありました。

嬉しい事はスプリッツ(前後開脚)が開く様になってきた人がいたこと。

私のクラスのエクササイズでは開脚と前後開脚をするのですが、体の硬そうな方にはゴムバンドをお貸ししています。

スタジオ開いて何これまで名かの方がこのゴムバンドを使って裏腿に負荷をかけることにより伸びてきて、前後開脚が立派に出来るようになって来ました。(怪我がなく週2回以上継続、4か月以上続けていれば・・・)

筋肉は使うと伸びる。すごいすごい!!腰の位置が床から20センチ位だった方が今はあと2、3センチ!!

その笑顔を見ると「やってて良かった!」と思います。

私の「ゴム使ってみたら?」の一言でその方は何かを感じた様で、半年近く頑張って来ました。あと少しですね。私は一言言っただけですから。

悲しい事は基礎クラスに来ている生徒さんお二人から今日立て続けにお電話を頂き、お一人は「大病を患ってしまったのでしばらく休みます」との事。もうお一人はお母様がやはり大病との事で看病のためしばらくお休みと。

お一人目の方、声はお元気でしたが病名を聞くとちょっと厄介そうです。。。。。どうか長引く事なく、またお会いできます様に。

もうお一人はせっかくダンスに慣れてきて帰り際笑顔が見れる様になってきた方でした。看病をする為にお休みですが、お母様の早い回復お祈り申し上げます。


[Posted by kumiko at 2012年09月14日]