「クラス中思うこと」

やっぱりね毎回思う。一部の生徒さんにだけなのですがね。

先生である私の真似ばかりする、言うとおりに踊り動くことだけが生きがいだときつい。。。それじゃ宗教です。

私は教祖じゃないよ!生徒の皆さん、一人一人が意思を持って欲しい。踊る人形ではないのです。

もっと外の世界を見て「こんな風に踊りたい!」と思ってダンス習いに来てほしい。

もちろん私の言った通りに踊れなくて「悔しー!!」と思ったらそれをやるべき。

しかしなぜそれをやるのか?もしかして、なりたい自分になるための最短距離ではないかも・・・私はそうやってやってほしいから言うんだけどね。でもいつまでも執着は良くない。

一瞬でも先生からの注意を待っている姿は良くない。2時間のクラスはあっと言う間です。一人一人が頭使ってクルクル回転させて、最短距離でダンス上手になってほしいな。「この振り、この前ミュージカルで見た振りの感じに勝手にしちゃお!」とか「この音にはめよう」とか「誰もやってないけど私は1番でこの振りのニュアンスこうしたい」なんてのが楽しいクラスの受け方だと思う。人生そんなに長くない。早く上手になって、上手に踊れる時間を長く保ちたいよね。

個性的なダンサーがいっぱいいっぱいのダンススタジオにしたい、柳下の手には負えないダンサーばかりになる。そしたら発表会だって観に来た人は楽しいと思う。お客さんが「えー!そんなことあり!ははは」と笑ってロビーでその人に付いてお話してたら大成功!これが私の願い。


[Posted by kumiko at 2012年09月12日]