振付の仕事。

今日は狛江へ。
もう指導を始めて10年経った、狛江市民ミュージカルcoco~のファミリーコンサートへ行って来ました。

今はうちのスタジオでモダンを教えてくれている千瑞子ちゃんにダンス指導はお願いしていますが、年1回の公演は私も振付させて頂いております。

本番が終わって退館まで、自由に子供達の踊りの輪が広がる。
彼等は今までの作品をまだ体で覚えているのだ。中には5、6年前の作品も!
振付した私は感動です。振付した甲斐があったってものだ!

しかし振付の意味やニュアンスは消えちゃってるんだけどね、、、
でも、心を込めなくても意味が伝わる振付をしなくてはいけない!とプロ魂もメラメラと燃え立ちました。
どっちも大切だな・・・どっちって振付のクオリティーと表現者の表現力のアップです。

主要な大きな子は卒業していくので、この風景も見られなくなって行くかな?悲しい。

また新しい作品を後輩へ伝えてくれる様、来年も、いやいやこれからも頑張ろうと思う1日でした。


[Posted by kumiko at 2012年07月14日]