リハーサル振付半ば過ぎたよ、ヤッホー。

今日は公演の最初のシーンの曲アリの所の振付が終了。
かずさんがまた、とても良い曲を作ってくれる!!しかし今日も仕上がりが当日朝9時だった・・・
かずさんが夜通し頑張っていてエネルギーが来たのか、
「明日曲無かったらどのように振付進めよう」なんて思ったせいか、一睡も出来なかった。
出来あがりの曲をドキドキしながら聞きテンションあがる!凄い!壮大な曲だ!
この壮大な曲を、し、しかし稽古場についてパソコン開き曲をダビングし、もう10時半。
ダンサー達は早い子で40分前に来る。今日は12時~だから・・・
ウー、あと50分で来てしまう。
ストレッチは大切だが、こんな日は「早く来ないで」と思う。
それもまだカウントも整理していない。
私は曲を8カウントで数え、紙に書き出し、自分にしかわからない音(例えばカンカンとか、ボーンとか)
をカウント表に書き、その横にやっとイメージやダンスの体形、出てくるダンサーの名前を書き出し、
それをもとに初めて身体を動かしダンサーに振付を伝えるのだが・・・
もちろん曲を頭に叩き込むのも絶対必要。
そうあと50分で身体を動かす前まで出来なければならない。
それも8カウントじゃないところなんてあると、何回も数え直して大変なのである。
今日はやけっぱちでやりました。
勢いは大切だ。
振付は頭で考えてはいけない。気持ちになる、無心が大切だ、と今回しみじみ痛感する。
かずさん、ダンサー達、今日もありがとう。
良い作品にするから、きっと。


[Posted by kumiko at 2009年07月5日]