スタジオにて

昨日何故か久々に眠れなくて、やっと寝たのが5時だった。
行こうと思っていた朝のバレエの稽古もサボってしまった。
そんなわけで今日はスタジオにて9月静岡のショウの仕事の音編集や、衣装を考えずっと一人だった。
夕方、バーレッスン。美しいピアノの音に合わせ気ままに自分のペースで身体を動かすと、新しい感覚や発見があり楽しいものである。改めて力は抜こうと思った。
   ああ、バレエは最短に、そして劇的に身体が変わる魔法である。
しかし、少しでもゆがんだり、ねじれたり、固めたりした癖のまま続けると、、、とたんに痛めてしまうリスクも伴う。あと、邪念も禁物!
あっと言う間に日が暮れてそうになり、今週のコンビネーション作り。
今日は力が抜けて、自分なりに身体が動いた。その証拠に「おえー」と嘔吐感。
内臓まで動いて踊れると、必ずなるのである。
脳についての本を読んでいる。
「英語覚えの最短は日本語を介さない。」か・・・
そして、「脳は間違った事を記憶する」「次を予想する訓練が良い」とか。
ダンスもそうかも。脳にシンプルにインプットするのだ。


[Posted by kumiko at 2007年07月24日]