「病院での生活」

12日に無事に手術は成功しました。

手術直後はなんと酸素マスクや心拍計等等、10本の管やら何やらが体につながっていてベッドにがんじがらめと痛みの20時間でした。
心拍計の時計を見る度に1分しか経っていない長い長い20時間でした。

2日目は3本に減少。

3日目に点滴のみの1本に。

そして4日目には全て無くなりました。
看護師さん方は「早い!」と口々に言ってくれました。
生きる力が強いとのお言葉も頂きました。照れる。
もしかしたら看護師さんは患者全員にそんな事を言って励ましているのかも知れない。
だってすごく嬉しくてやる気になりますから。

昨日はリハビリが開始され歩行器を使って歩きました。
しかし歩き方忘れてますね、完全に。
1からやり直しです。

リハビリの運動はダンスのエクササイズと似ています。
しかし術後の今の私には何も出来ない。
くじけず50回位繰り返すと出来るようになってくる運動もあり、それか嬉しい。心の糧となっています。

そうそう、脚が3cm伸びました!
関節が正常な位置になったそうで、術前はどうも最近ズボンをずって歩いていると思っていました。

今はトイレに行く時がお出かけ気分で、車椅子でスイスイです。
広い大病院の廊下を急発進、急ブレーキ、ヘアピンカーブも出来ますが、なるべく控えています。老人も多い病院ですから。

明日は車椅子で遠い遠い坂道のある売店まで行ってみようと思います。

ここは埼玉の毛呂山町。
山に囲まれ、朝と暮れ時には聞いたことのない鳥の声が美しいです。

写真は病室から撮りましが、自〇防止で窓が開きません。
ちょっとぼやけてますが、そのうち外に出てみよう。

image


[Posted by kumiko at 2013年06月16日]