父の話

梅雨入りしたにもかかわらず、気持ちの良い日が続きますね。
リハーサルは次々と進み、衣装さんとも打ち合わせし、少しづつ少しづつ公演に進んでいます。
そんな中、昨日は股関節専門の有名な先生の所へ。予約は2ヶ月待ち。
な訳で、こんなに忙しい中になってしまった。おまけにクラスを休講にしてまで行って来ました。
来ていた患者は皆2ヶ月待ちの、股関節見てほしい人ばかり。ほとんど杖ついてて身体が傾いた人、人、人。私は超健常者のようでした。
先生は朝手術して午後から何十人の股関節患者の身体を見て話を聞くのである。大変!
…しかし医療研究は日本全国どこも同じ水準らしく、いつもの先生と同じこと言われました。
でもでも、末期癌の治る人だっているし、諦めません。
話はやっと本題へ…….
私の父はけちんぼである。「いない部屋は(電気)消せ!!」と怒鳴られた事数千回。
写真は父がつないだ電気の延長コード………この先には自分でなおした古ーいラジカセで、ラジオを寝転がって聞く父がいる。
犬のデメラがかじり切ったこたつのスイッチや色々をつなげ、感電しないように絶縁ビニールテープでぐるぐる巻いている。
す、凄い……と思わずカメラにおさめました。


[Posted by kumiko at 2009年06月13日]