シルク・ド・ソレイユ鑑賞

震災で3月末にチケットとっていた シルク・ド・ソレイユ 「KOOZA」(原宿)が休演になってしまったが、
4月9日に再開したと言うので11日にいって来ました。
いつもギュウギュウの満席なのに、あらあらなんだか空席が目立つ・・・
しかし、素敵でした!
シルクは日本に来たのはほとんど観てきましたが、今回はパフォーマンスもさること、道化が素晴らしい。
もちろんパフォーマンスは安定していて、ハラハラドキドキ!!
道化が無言の仕草でホント笑わせる。
あの要素をダンサーも手に入れられたら、ホント舞台も幅が広がると思う。
そして4月23日。ディズニー内の「ZED」も再開。
ツイッターで「シルク・ド・ソレイユ好き」をアピールしていたら
ラッキーなことにSちゃんから招待券を頂き、友4人(作曲のかずさんとダンサーの友紀ちゃんも)で行ってまいりました!
オープニングの演出に涙ドワー!
常設のシアターならではの豪華なセット、演出、照明。
次々と「これでもか!」との演出が音楽に乗せて進み、涙がほほをつーっと伝うのでした。
そして、あんなにパフォーマーが熱く声上げて演じるのは初めて見た。
震災で帰国していたパフォーマーが殆ど日本に戻って来たとの事。
彼等の「頑張れ日本!」という気持ちなのだと思った。
しかし、客席に空席が目立った・・・・と言うかガラガラ!
閑古鳥とはこのこと。
声上げないとやってられないのかしら位、ガラガラ・・・・
皆観に行って~!!!


[Posted by kumiko at 2011年04月28日]