呼吸について。

クラスのストレッチ中、「ヒー・・・」という喉を絞める音を出して息を吐く生徒さんがいた。
何故だかとても気になっていた。
最初の頃はそんな呼吸ではなかった気が・・・
音を出すことは他の生徒さんにも影響があるので、気がついた時は注意してやめる様に言ってた。
先週その方と私と1対1のクラスになった。
多人数の時はどうしても流してしまいがちな呼吸について、その方とお話してみた。
そしてその呼吸を私も真似してみた。
そうしたらとても苦しかった。
これは大変!!!
その呼吸方法は、
へそを恥骨の方へ押下げ下腹を堅く膨らませ、痛い事や苦痛な事を耐える様な呼吸の仕方だった。
「その呼吸をこうしましょう」とちょっと指導してみました。
その方はいつも腕が肩から上へ上がりにくそうだったのですが、
指導後首筋がきれいに伸び、腕が見たことないほどすーっと自然に上がりました。
呼吸ひとつでこんなに違う体になる!!!
長くお稽古にして慣れてしまうことなく、その時その時の自分の身体とお話する。
感覚を大切に、小さな発見に目を向けるのも大切だと改めて思った瞬間。
さて今日はあの日から1年です。
その時間はリハーサル中でしたので、黙とうせずでしたが・・・・
改めてお祈り申し上げます。


[Posted by kumiko at 2012年03月11日]