映画「Pina」観賞。

映画「Pina」観てきました!
今回はラヴィニアのチャコさんとあやじさんもご一緒していただきました。
私にとって初3D映画。飛び出してきた~!!
なんだか昔あったおもちゃのシールで、右から見ると車で左から見ると動物・・・みたいなシールがあったけど、あんな感じ。
妙な立体感でした。
・・・話戻って、でも「ピナ・バウシュ ブッパダール舞踊団」を劇場へ観に行った時に見る遠くのダンサーはなく、近くで表情まで、筋肉まで、息づかいまで飛び出して観られたのはよかった。
皆さん美しい「生身の人間」でした。ちょっとした時の美しいつま先が印象に残ります。
「一流ダンサーはつま先ーー!!」
と亡き我が師匠、コーラ先生が口酸っぱく言っていたのを思い出します。
ピナがいかに人間を愛し、人生を楽しみ、人生を苦しんだのかが、作品を実際舞台で観るよりわかったような気がしました。
それにしても、今更ながらあの舞台上に土やら水やらをばらまきまくったのは凄い。
舞台作る側としては「ここに水まいたらおもしろい」とかは頭では思いつくのですが
「いや。。。リハーサルが大変、そんな時間が裂けない」
「後の処理は?」
「劇場に許可をえて、そして舞台監督を根詰めて説得」・・・等々数々の難関を乗り越えねばなりません。
それを乗り越えるには
「どうしても土がなければこの作品はだめなの!!」との意味と強い意志、説得する根性が必要だな。と改めて思った。
最初に舞台関係者に「舞台上に土を」と言った時に「馬鹿な!!!」と猛反対は目に見える。
信じればできる。あきらめてはいけないのね!
なんでも同じだな。
今日は股関節セラピーに行って参りました。
そこで習うのは、正しい歩き方と日常の動作。
1時間20分間、マッサージと歩き方をみっちりとマンツーマンで見ていただきました。
とってもしっかりと熱意を持って教えてはげまして下さる先生に感謝。
一回1万円弱かかるのですが、とにかく健康な身体に早く戻すべく、やれることはやる。
歩くのってむつかしー・・・きっときれいに歩いて見せます。強い意志と根性で!!!!!
#hipjoint


[Posted by kumiko at 2012年03月8日]