体験レッスンの方を見て思う事。

めっきり寒い日が続きますね。
そんな中、最近のスタジオには体験レッスンの方がポツポツといらしてます。
皆さん若くて可愛い方ばかり。
クラスが終わって「ダンスは今までどちらで?」と聞くと「やってません」とか「今はやってなくて高校の時に」とのお返事が。
きっとドキドキしながら体験レッスンを受けにいらしたのだな、そして精一杯踊ったから素敵に見えたのだな。
真剣な眼差しで受講する姿に心洗われたなと感じました。
私はもうダンスを仕事にしてしまっているので、あの最初の頃のドキドキ感はなかなか味わえません。
勿論毎回違う意味で真剣なのですがね。
ダンスを始めたあの頃、大好きな先生のやること言うことを全てを飲み込むあの楽しさ!
そして先生に注意受けて、その通りにしたら出来なかった事が出来るようになった嬉しさ!
ちなみにダンス始めて10~20年経つ方へ。
プロアマ問わず、まだ「先生注意して―!」とそれだけに執着している人はいけませんよ!
いい加減に自分で考えないとね。
誰にも何も言われずに振付を上手に踊れるのが、上達ってもんです。
また、人に言われて出来た事と自分で発見して出来た事では身に付き方が違います。
どうしても聞きたい事はクラス後に聞きに来て下さいね。
10分以内だったら無料ですから(^_-)-☆
話戻って、あのドキドキ感、私にはもうないな。。。。
何故ならプロですから。
他人のレッスン受けても「今の私はこう踊りたい。だから今はこうする、、、」と生意気にも考えてしまう今の心の汚さ。
仕方がないですが、仕事にしてしまった以上、手放しの楽しさを捨てざるを得ません。
あー、あのダンスに恋していた18才の時の自分が羨ましいこの頃です。
股関節手術後4カ月が経とうとしています。
早く躍りたいなー。もう心を押さえつけるの飽きたわ。


[Posted by kumiko at 2012年02月15日]