マイケルジャクソンの「This is it」

マイケルジャクソンの「This is it」を見て来ました。
朝、半年に一回の股関節検診のレントゲンを撮りに御成門の慈恵医大へ。
先天性の股関節形成不全と診断され5年。変型がわずかづつだが進行している。
5、6年前まで自分でも不思議なくらい足が上がり、おでこを打ち付けること限り無しだったのが、今は大分硬くなって来て悲しい。
病院を出て新たに「トレーニングするぞ」と心に、新宿のピカデリーへ。
あの古びた映画館が改装されていて、チケット売り場もスナック売り場も変わり、椅子なんか超見易い良い座り心地に変わっていた。
前はトイレなんか行くと強盗にでも会いそうだったのに。
やはりダンサーに見入る。
元気で気持ち良いダンサーばかり。さすが世界中の何百人の中から選ばれた人達だ。
マイケルジャクソンの歌にかける情熱を見る事が出来た。半端ではない。当り前か。
観終わってマイケルのメッセージの温かさに心打たれ劇場を後に。
マイケルのポスターなんか携帯で撮って、ぼーっと紀伊国屋の裏を歩いていたら、
「ガキの使いじゃあらへんで」のインタビューの人につかまった!!
「このパネルの中で一番抱かれたくない人は誰ですか?・・・」いきなりなにーー?!
見るとダウンタウンの二人とココリコの二人と山崎ほうせいさんだった。
「・・・山崎さんかなあ?・・・」答えてしまい、
オンエアして良い?の用紙になぜかサインしてしまった。
しばらくは日曜ドキドキである。


[Posted by kumiko at 2009年11月13日]