「衣替えと片付け」

秋到来で、暇があると衣替えや部屋の片付けと模様替えをしています。
この2年くらいは股関節痛のため、衣替えは一苦労でした。部屋の模様替えに至っては皆無。
今、一歩一歩がスムーズに出る、当たり前に移動出来る様になった事の喜びを痛感しています。
動作が容易に出来ると言うことは、物事を進める上でスムーズになります。
そして細かい所まで心が行き届くようなるなと。

 

手術前は洋服が脱いだままになっていても「痛いから明日にしよう」ばかり。

 

この調子が他の物事にも反映されて行くようになっていました。
心が段々と荒み、部屋や身なりが汚くなりそしてやるべき事を後回しにする。
なるべく本当の事を見ない様にしていた気がします。
そんなだらしない自分を攻め、しかしどうしようもない。

 

しかし今それが無くなりつつあります。

 

元気があるので物を片付けてみる→要らない物があると気付き捨てる→空間が出来る→物を美しい位置に配置したくなる→ホコリが気になる→綺麗な空間になりウキウキすることが増える

 

!こんなに隅々にホコリがある部屋に平気でいたのか!そしてウキウキ出来るようになるのか。
とびっくりしています。もちろん掃除はしていたつもりでした。

 

物を見たり聞いたりし、気になるポイントは人によって違います。
しかし同じ人間でも身体や心が病んでいるのか元気なのかで変わってくるなと痛感しました。
この私が、、、自分の事を信頼しているつもりでしたが、違う状態になってしまうこともあると気づく。
今回は少々長かったように思います。

 

納得していない自分を許していたのは、他人に対してもそうだった気がします。
物事を片付ける精神=仕事(ダンス)に通じる。

 

これからもっと物を見、聞き、感じる感度を精巧にしていきたい。
そのためには自分を大切にする。
ダンスと言う芸を人前に見せるためには、健康は最低限。その上で人前に立てるのだ。

 

元気があるのでダンスをやってみる→出来ない事を克服、上手く踊れる→細かいことが気になり雑動などを取り去ってみる→人からどいう見えるのか考えそして他人にも聞いてみる→もっとこうしてみようとワクワクし自己表現に→続く

 

ダンスも最初から答えがあるわけではない。続けて行くことで細かい所まで心が行き届くようなる。

 

所で、11月末に舞台に出演させて頂きます。
昨年コラボレーションしたラヴィニアさんです。

出演者は主に俳優さん。

今週からリハーサルが始まりましたが、最初はダンスシーンから。
軽い筋肉痛となりました。

明細はこちら


[Posted by kumiko at 2013年10月12日]