下腹の力

9月1日初日だったはずの仕事が前日夜中にドタキャンにあい、ショックで立ち上がるのに一苦労している。
7月半ばから出演者探し、曲選び、編集、振付け、衣装借りたり買ったり、小物作ったり…8月はスタジオに1日12時間こもりきりの日々が続いたのにドタキャンなんてなんてなんてー!酷い話である!
何より出演者は1ヶ月バイト休んだりやめてまで参加してくれていたのに・・・顔合わせるのが辛い。
初めて弁護士という方と話し、初体験の日々。
三好さーん、音編集代金待って下さい。すみませんm(__)m
あまりにもそのことが頭から離れなく、クラスに頭を切り替えるのが大変だ。
しかし、始まってしまうといつもより集中して楽しんでいる自分を発見!
なんてことだ!
そうか!荒波にもまれると今までのことがこうも楽に感じるのか。
そして、「大変だねぇ」だけで終わってしまう人ばかりの中に、私達の為に親身になってくれた方々。持つべきものは友そして先生。初めて友達の、そして仲間の有りがたみを痛感した。
まだ戦いは続くが、全力疾走から何処までなのか…マラソンに切り替えよう。
昨日から台風で凄い風。傘がバッと裏返しになる人を見た。あれは本当にカッコ悪い。その後の処理をどうするのか?
私も家に帰る途中、強風にあおられた。「ヤバイ!」と先程の光景が頭をよぎる。
下腹にグッと力が入った瞬間、強風は来ているものの「ぜんぜん平気ー♪」状態になった!手首はバドミントンの名手のようにゆるゆるであった。
恐るべし下腹の力!!
前半書いたことに関しても風を受けことに関しても、今見えているものにとらわれず土台をしっかりするのが今の私には必要なのか?その気付きかなと感じた。


[Posted by kumiko at 2007年09月7日]