「片足に乗る力は、ダンスで一番大切(かも?)【動画】」

こんにちは。タントタンツスタジオ代表の柳下久美子です。

 

ダンスをするには、色々な要素があります。
リズム感、表現、身体のしなやかさ、テクニック、雰囲気、等々。

 

個人個人得意不得意がありますね。
先生との身体の動きの相性などもあります。

 

色々な先生を体験するのも大切です。

 

ダンススタジオに来て、まず最初に大切なのは振り覚えです。
なぜかというと、他人が作った振付を真似するからです。

 

振りを覚えられて初めて、音楽を聴いてリズムを楽しだり、先生と自分の身体の違いがどこなのか?
かっこよく踊るにはもうちょっとこうしたいな~など比べる余裕が出きます。

 

振りを早く覚えるために一番大切な要素は
「片足に乗ることが、難なく出来る身体」
ではいか、と私は思っています。

 

片足に難なく乗ることができないと、振りを覚えている最中にふらつき、それを阻止するために一瞬身体が硬直したり遅れたりします。
それによって先生の振付がもう先に進んでいて、「あれ?」となる。
そんな状況の方を見かけます。

 

●膝が伸びたまま片足でいられる
●少し中腰で片足でいられる
●つま先立ちで片足でいられる
●片足のまま膝を曲げ伸ばし出来る

 

これらをスタジオではゆっくりとエクササイズで練習してからダンスの振付に進んで行くプログラムになっています。

 

中高年の方は、安心してダンスクラスに参加できます。
実際沢山の方が、ダンスを長く楽しんでいらっしゃいます。

 

勿論キッズダンスでも、これらのエクササイズは必ずやっていますよ♪

 


[Posted by kumiko at 2019年03月28日]