ドキッとしたこと。

私の最も信頼する昔からの友達と電話で話した。
普段、周りのダンサーは敵だと考えて生きてきた私は、こと踊りのことに関しては単独で決めることが多い。しかし、どうしても踏ん切りがつかないことをここ何年も持ち越している。
友ははっきりと私に言ってくれた。いい加減にしろ、決めろと・・・
ありがたい、「ありがとう、本当にありがとう!!!」と自然に口から出た、何回も言ってしまった、涙と共に。
それから色々なことが動き始めた。
今日は遅い新年会をスタジオのダンサー達とやりました。
久々にこの仲間と飲み、帰りは自分の駅を乗り過ごした。楽しかったから気にならなかった。
駅からの自転車も軽かった。


[Posted by kumiko at 2010年01月25日]